• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 商品の税制 』 内のFAQ

40件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 税制適格ストックオプションとは?

    「税制適格ストックオプション」とは一定の要件を満たすことで、税制の優遇措置を受けることができるストックオプションのことをいいます。 具体的には、権利行使時に給与所得として課税されず、株式売却時に権利行使価格からの値上がりによる売却益に対してキャピタルゲイン課税されるだけとなり、累進課税の影響を受けないように設計... 詳細表示

    • No:2262
    • 公開日時:2022/12/06 09:00
    • 更新日時:2022/12/06 11:36
  • 上場株式の配当金の課税について教えてください。

    配当金が支払われる際に20.315%(所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%)の税率で源泉徴収が行われます。大口個人株主以外は確定申告することなく、これで課税関係を終了させることができます。 詳しくは、以下をご覧ください。 みずほ証券ウェブサイト>はじめる、あなたの資産つくり「お... 詳細表示

    • No:2160
    • 公開日時:2021/10/22 09:00
    • 更新日時:2023/12/26 10:15
  • ストックオプション制度についてかんたんに教えてください。

    ストックオプションとは、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で、一定の権利行使期間内に、株式の発行会社から一定株数を取得することができる権利(新株予約権等)をいい、発行会社がその会社の役職員に対して付与します。 その後、発行会社の業績向上などによって株価が権利行使価格よりも上昇したときに、付与された権利... 詳細表示

    • No:1824
    • 公開日時:2022/12/06 09:00
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)を始めるには、どうしたらよいですか?

    みずほ証券ではお取り扱いしておりません。なお、〈みずほ〉ではみずほ銀行にてお取り扱いしておりますので、iDeCoに関する詳しい内容のご照会、ご相談については、みずほ銀行のウェブサイトまたは確定拠出年金コールセンターまでお問い合わせください。 みずほ銀行 iDeCo:イデコ(個人型確定拠出年金) ... 詳細表示

    • No:6091
    • 公開日時:2019/07/25 14:28
  • 相続時の上場株式の評価方法はどうなりますか?

    上場株式の相続時の評価は次の通りです。 上場株式以外の個別商品の評価方法については商品によって異なりますので、≪お取引店≫にお問い合わせください。 上場株式の評価 ※課税時期に最終価格がない場合は、前日以前または翌日以後の最終価格のうち、課税時期に最も近い日の最終価格(2つある場合は... 詳細表示

    • No:4996
    • 公開日時:2019/02/08 00:00
  • 上場株式等の譲渡損失は、給与や年金と通算することはできますか?

    上場株式等の譲渡損失を、給与所得や年金の雑所得などと損益通算することはできません。 上場株式等の譲渡損失は、他の上場株式等や特定公社債の譲渡益、公募証券投資信託の譲渡(買い取り)により生じた利益、公募証券投資信託または上場特定受益証券発行信託の解約・償還によるみなし譲渡益、申告分離課税を選択した上場... 詳細表示

    • No:1820
    • 公開日時:2017/01/24 08:45
    • 更新日時:2018/07/23 09:22
  • 上場株式の譲渡益の課税について教えてください。

    申告分離課税の対象となります。税率は20.315%(所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%)です。 詳しくは、以下をご覧ください。 みずほ証券ウェブサイト>はじめる、あなたの資産つくり「お役立ち情報」>税金の制度と手続き(イメージ図)の下段「個人投資家のための証券税制Q&A」... 詳細表示

    • No:1823
    • 公開日時:2021/10/22 09:00
    • 更新日時:2023/12/26 10:10
  • 確定申告の際に、株式等の「買付の約定日」を取得日に、「売付の約定日」を譲渡日にできますか?

    確定申告における株式等の取得日および譲渡日は、原則として「受渡日」によることとされています。 ただし、納税者の選択により、その株式等の取得日および譲渡日を、確定申告において「約定日」とすることもできます。 なお、特定口座を利用している場合には、株式等の取得日および譲渡日を「約定日」とすることはできません。 詳細表示

    • No:1812
    • 公開日時:2022/07/19 05:30
  • 個人向け国債の利子に対する税制について教えてください。

    個人向け国債は、特定口座をご利用いただけます。利子に対する税金は20.315%の源泉徴収後、申告不要または申告分離課税のいずれかを選択していただくことになります。 また、利子を他の譲渡損や償還差損と損益通算することができます。なお、身体障害者手帳の交付を受けられている方、または遺族に関する公的年金を受給され... 詳細表示

    • No:1007
    • 公開日時:2022/07/19 05:30
  • 特定公社債の利子の課税について教えてください。

    利子が支払われる際に20.315%(所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%)の税率で源泉徴収が行われ、課税関係を終了することができます。申告分離課税で確定申告することもできます。 (注)特定公社債とは、国債、地方債、外国国債、公募公社債、上場公社債、平成27年12月31日以前に発行された公... 詳細表示

    • No:59
    • 公開日時:2021/10/22 09:00
    • 更新日時:2023/12/26 13:44

40件中 1 - 10 件を表示