• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 NISA・証券税制 』 内のFAQ

101件中 41 - 50 件を表示

5 / 11ページ
  • つみたて投資枠と成長投資枠のうち、いずれか一方の投資枠だけを利用できますか?

    可能です。ただし、成長投資枠の非課税保有限度額は1,200万円までとなります。 一方で、つみたて投資枠だけで非課税保有限度額(1,800万円)すべて使い切ることは可能です。 なお、つみたて投資枠を使わず、成長投資枠だけで利用することも可能です。(その場合、非課税保有限度額は1,200万円まで) 詳細表示

    • No:11697
    • 公開日時:2023/08/18 13:45
    • カテゴリー: NISA
  • NISA口座の買付可能額の確認方法を教えてください。

    国内株式および国内投資信託の買付画面上部には「NISA成長投資枠」、投信積立の契約画面上部には「NISA成長投資枠」「NISAつみたて投資枠」が表示され、ご利用可能な金額を確認することができます。 詳細表示

    • No:1991
    • 公開日時:2022/07/19 05:30
    • 更新日時:2023/12/28 15:34
    • カテゴリー: NISA
  • 株式等の譲渡所得等があった場合でも、確定申告不要なケースを教えてください。

    次の要件を満たす場合には、所得税の確定申告を不要とすることができます。 <サラリーマンなどの給与所得者の場合> ○給与を2ヵ所以上から受けていないこと (給与を2ヵ所以上から受けている場合でも、主な給与以外の給与の収入金額と「給与所得や退職所得」以外の所得金額との合計額が20万円以下であ... 詳細表示

    • No:1818
    • 公開日時:2017/01/24 08:45
    • 更新日時:2018/03/05 15:38
    • カテゴリー: 確定申告
  • 専業主婦の妻に株式等の譲渡所得等があった場合、配偶者控除に影響はありますか?

    家族や本人の合計所得金額が一定額以下の場合は、本人の課税所得金額の計算上、一定額を差し引くことができる所得控除があります。 家族や本人の株式等の譲渡所得等は、原則として、合計所得金額に算入されますので、株式等の譲渡所得等が一定額を超える場合には、配偶者控除などの所得控除が受けられなくなります。 ... 詳細表示

    • No:1813
    • 公開日時:2017/01/24 08:45
    • 更新日時:2023/01/30 14:38
    • カテゴリー: 確定申告
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)を始めるには、どうしたらよいですか?

    みずほ証券ではお取り扱いしておりません。なお、〈みずほ〉ではみずほ銀行にてお取り扱いしておりますので、iDeCoに関する詳しい内容のご照会、ご相談については、みずほ銀行のウェブサイトまたは確定拠出年金コールセンターまでお問い合わせください。 みずほ銀行 iDeCo:イデコ(個人型確定拠出年金) ... 詳細表示

    • No:6091
    • 公開日時:2019/07/25 14:28
    • カテゴリー: 商品の税制
  • つみたて投資枠や成長投資枠を年間投資枠の上限まで使い切れなかった場合、翌年に繰り越すことはできますか?

    売却分を繰り越すことはできますが、年間投資枠の残りを翌年に繰り越すことはできません。 詳細表示

    • No:2717
    • 公開日時:2017/11/06 08:30
    • 更新日時:2023/12/27 17:32
    • カテゴリー: NISA
  • 住民税はどのように納めるのですか?

    住民税は、都道府県や市区町村の住民が、所得が生じた年の翌年1月1日現在の住所地の都道府県や市区町村に納税する税金です。住民税の課税方式は、所得税のような申告納税方式ではなく、原則として、市区町村が前年分の所得金額などを基に税額を計算して納税者に通知し、それに基づき納期限までに納税するという賦課課税方式です。 ... 詳細表示

    • No:1819
    • 公開日時:2017/01/24 08:46
    • 更新日時:2018/03/23 12:19
    • カテゴリー: 確定申告
  • 特定公社債の対象外となる「債券(一般公社債)」には何がありますか?

    主に、平成28年1月以後に国内外で発行される「私募債」は対象外となります。平成27年12月31日までに発行される債券は、特定公社債として特定口座へ受入ができますが、発行時に源泉徴収された割引債および同族会社が発行した社債でその同族会社の判定の基礎となった株主等が所有するものは除かれます。 詳細表示

    • No:769
    • 公開日時:2014/11/25 08:30
    • カテゴリー: 特定口座
  • 出国した後もNISA口座を利用することはできますか。

    ■①勤務先の転任等のやむを得ない理由により、出国して非居住者となる場合    出国する日の前日までに、「非課税口座継続適用届出書」を提出していただくことで、出国後も引き続きNISA口座にお預けになっている上場株式等や株式投資信託について、非課税の適用を受けることができます。 また、帰国後に引き続... 詳細表示

    • No:509
    • 公開日時:2013/11/18 09:00
    • 更新日時:2023/12/28 15:44
    • カテゴリー: NISA
  • 複数の金融機関でNISA口座を開設することはできますか?

    NISA口座はすべての金融機関を通じて1口座のみの開設となり、複数の金融機関でNISA口座を開設することはできません。                   NISA口座の金融機関を変更する場合は、1年単位で金融機関を変更することができます。ただし、その年にNISA口座で買い付けを行った場合は、翌年にな... 詳細表示

    • No:482
    • 公開日時:2013/11/18 09:00
    • 更新日時:2023/08/17 12:47
    • カテゴリー: NISA

101件中 41 - 50 件を表示