• No : 1825
  • 公開日時 : 2017/01/24 08:46
  • 印刷

債券の利子に対する税制ついて教えてください。

カテゴリー : 

回答

平成27年12月31日以前に支払いを受ける債券の利子については、原則として、支払い時における源泉徴収により課税関係が完了する源泉分離課税とされていましたが、平成28年1月1日以後に支払いを受ける債券の利子については、金融所得課税の一体化により、次のとおりとなっています。
 
詳しくは≪こちら≫をご参照ください。