• No : 1064
  • 公開日時 : 2016/02/04 08:57
  • 更新日時 : 2018/07/13 16:00
  • 印刷

2016年1月から、公社債等の税制はどのように変わったのですか?

カテゴリー : 

回答

公社債等は、特定公社債等とそれ以外の一般公社債等に区分され、大きく以下の3点が変わりました。
 
1.課税方法が変わりました。
公社債等の売却損益は原則非課税から申告分離課税へ、償還差益は総合課税から申告分離課税へ変更になりました。
 
2.損益通算範囲が拡大しました。
公社債等のうち特定公社債等の利子・分配金、売却・償還損益が、上場株式等の配当金等や譲渡損益と損益通算が可能になりました。また、売却・償還損の3年間の繰越控除が可能になりました。
 
3.公社債等のうち特定公社債等が特定口座の対象商品に加わりました。