ページの先頭です
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 5932
  • 公開日時 : 2019/07/01 10:16
  • 更新日時 : 2019/07/01 10:27
  • 印刷

株式等の決済期間短縮化(T+2)にともない、気を付けることはありますか?

カテゴリー : 

回答

3サポートコースのお客さまは次の点にご留意ください。
7月16日(火)のお取引分から株式等が制度変更により受渡日が1営業日早まります。したがって、7月12日(金)に買付した銘柄を、制度変更初日の7月16日(火)に売却すると、買付・売却ともに受渡日が7月18日(木)の同日となることから「日計り取引 (一般に、同一銘柄の売買を同日に行う取引)」に該当します。
日計り取引となった場合、売却代金は当初の買付代金に充当することができないため、受渡日の前となる7月17日(水)までに買付代金のご入金をお願いします。
file_image 日計り注文については《こちら》
 
file_image
 
file_image 株式等の決済期間短縮化(T+2)の詳細は《こちら》

アンケート:ご意見をお聞かせください