ページの先頭です
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 558
  • 公開日時 : 2014/01/23 09:00
  • 印刷

外国株式の取引方法および手数料について教えてください。

回答

以下の3種類の取引方法で外国株式を売買することができます。
■外国(委託)取引
お客さまからのご注文を当社が取り次ぎ、現地の金融商品取引所で執行する取引です。
(当社取扱市場であっても、お取り次ぎできない銘柄もあります)手数料については、国内での手数料(国内取次手数料)と、現地での手数料(海外取次手数料)および諸費用が必要になります。
詳しくは【外国株式の手数料】をご参照ください。

■国内店頭(仕切り)取引
お客さまからのご注文に対して、当社が相手方となって売買が成立する取引(相対取引)です。ただし、当社が価格を提示している銘柄になります。
価格には手数料相当額が含まれていますので、別途手数料および諸費用はかかりません。
詳しくは【受渡代金の計算式】をご参照ください。

■国内委託取引
国内の金融商品取引所上場の外国籍企業等の本邦取引所における取引です。
手数料については、当社の国内株式委託手数料に準じます。
詳しくは【国内株式等の委託手数料】をご参照ください。

詳細は≪お取引店≫または≪コールセンター≫へお問い合わせください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ページの先頭へ